メインコンテンツへスキップ

【Googleアナリティクス】目標の設定をするための購入完了ページのURLが知りたいです

STORESの購入完了ページでは、 ブラウザのURLは 「/checkout」 ですが、Google Analytics には別途URLデータを送信し、異なるURLを登録しております。

そのため、STORESでご利用いただけるGoogle Analyticsでは、以下の通り設定いただきますようお願いします。

ページ URL 設定値(正規表現)
購入ステップ入り口 /checkout または /checkout?via=button ^\/(checkout$|checkout\?via=button$)
お客様情報入力ページ ※1 ^\/checkout_shipping_info ^\/checkout_shipping_info
お支払い情報入力ページ ※1 /checkout_select_payment ^\/checkout_select_payment
決済情報確認ページ /checkout_confirm ^\/checkout_confirm
サンクスページ ※2 /checkout_complete ^\/checkout_complete
Amazon Pay ※3 /checkout_amazon_pay ^\/checkout_amazon_pay

※1 お客様情報入力ページとお支払い情報入力ページは、ストア会員であり、かつ過去に購入履歴がある場合、入力ページが省略されるため、計測自体も省略されます。

※2 パラメータが後ろにつく可能性があるため、サンクスページは「等しい」ではなく「正規表現」にて登録をしてください。

※3 Amazon Payの場合、新規で目標設定を作成する必要がございます。設定方法はこちら

 

Google Analytics 設定方法

1 GA4を開きメニューバー「探索」 > ファネルデータ探索を押下
2 データ探索名を入力(例:購入完了)
3 タブ設定 > ステップの編集ボタン(鉛筆マーク)を押下し編集
4 ページ / スクリーン >「ページパス+クエリ文字列とスクリーン クラス」を押下
5 設定値(正規表現)を入力
6 ステップ毎に1〜5の設定を繰り返す

 

Amazon Payの計測を行う場合

1 GA4を開きメニューバー「探索」 > ファネルデータ探索を押下
2 データ探索名を入力(例:購入完了)
3 タブ設定>ステップの編集ボタン(鉛筆マーク)を押下し編集
4

ページ / スクリーン>「ページパスとスクリーン クラス」を押下

5 「正規表現(^\/checkout_amazon_pay)」を入力
6

ステップ2もページ / スクリーン>「ページパスとスクリーン クラス」をクリックし、条件:「次の正規表現に一致」「^\/checkout_complete」を入力

mceclip0.png

STORESではシステム上、Amazon payなどの外部決済系では決済中にAmazonの別URLに遷移して決済をおこない、STORESの画面へ戻る仕様です。

広告経由の際もAmazonからのコンバージョンとして記録されてしまう場合、Googleアナリティクスの設定で 「参照元除外リスト」にAmazonのURL(payments.amazon.co.jp)を入れていただきますと遷移した後も同一セッションとして扱われ、流入元が広告になります。

この記事は役に立ちましたか?

問題が解決しない場合は 問い合わせフォーム よりご連絡ください