メインコンテンツへスキップ

【CSV】CSVファイルをExcelで開くとセルの先頭文字の0が非表示になってしまいます

本記事は、Microsoft社が提供するExcelの仕様・操作に関するご案内となっています。

本記事内容だけで解消しないExcel仕様・その利用環境の不明点や詳細に関するお問い合わせについては、STORESではご案内できかねますため、Microsoftのヘルプを確認するか、Microsoftへお問い合わせください。

 

Excelの仕様により、セルの先頭文字が0の数値データについては、自動的に先頭の0が非表示となります。

 

STORESのダッシュボードから、オーダーCSVや送り状発行機能CSVなどを利用する際、Excelでファイルを開く時などに同様の事象が発生することがあります。

その場合は、以下の方法で先頭の0を表示させることができます。

 

または、Googleなどのインターネット検索エンジンで「CSV 頭文字の0」や「0落ち」などのキーワードで、対処法の検索をお調べいただくことで、対処法が確認できます。

※電話番号やオーダー番号の先頭文字が0の場合などで非表示になることがあります。

※該当ファイルを開いてから、先頭の0が一度省かれてしまったセルを「文字列」の表示設定に変更しても、先頭の「0」は表示されません。

 

対処方法

Excel2010以降で有効な方法です。本サンプル画像はMac環境で利用時の画面です。

Windows環境でExcelをご利用の場合、下記の画面とは若干異なる場合があります。大まかな流れは同様です。

1 該当CSVファイルを開く前に、Excelをひらく。
2

ファイル >[新規作成]より新規ファイルを開く(データが全くない状態のファイル)

0落ち.jpeg

3

[データ]をより[テキストファイル]を選択

0落ち②.jpeg

4

該当のファイル名を選択のうえ[データ取り出し]を押下

0落ち③.jpeg

5

テキストファイルウィザード画面が出たら[次へ]を押下

0落ち④.jpeg

6

区切り文字[タブ][カンマ]にチェックを入れる

0落ち⑤.jpeg

7

テキストファイルウィザード画面にて先頭の0を維持したい対象列を選択し(選択すると色が反転します)列のデータ形式は[文字列]を選択

0落ち⑥.jpeg

8

反映先を選択し[OK]を押下

0落ち⑦.jpeg

9

シートにデータが反映され、先頭が0のデータは、先頭の0が欠けずに表示されます。

0落ち⑧.jpeg

10 必要に応じて、ファイルを保存する際にCSVファイル形式で保存する。

 

STORES Magazine 関連記事

作業効率UP!STORESのCSV編集に、Googleスプレッドシートを活用しよう!

この記事は役に立ちましたか?

問題が解決しない場合は 問い合わせフォーム よりご連絡ください